LCIFのストーリーは壮大です

それは限りない思いやりと、ライオンズの奉仕へのたゆまぬ支援に満ちています。私たちは50年余りにわたり、世界各地のライオンズの能力を高め、彼らがその奉仕する地域社会を力づけられるよう、全力を尽くして支援してきました。交付金を提供する度に、ライオンズのインパクトは高まり、LCIFの歴史も塗り替えられていきます。私たちは今、これまでの軌跡に限りない誇りを感じています。同時に今後の取り組みに対しても、この上もないほどの意欲を感じています。

キャンペーン100:LCIF奉仕に力を

支援を必要としている世界のためにライオンズはいつでも立ち上がります。励ましの言葉や思いやりだけでは人々を困難から救うことはできません。資金が必要です。キャンペーン100が必要なのです。

メルビン・ジョーンズ・フェローシップ

メルビン・ジョーンズ・フェローシップ(MJF)はLCIFを支える柱です。1,000ドル以上の寄付者、または寄付者が指定した方を表彰するもので、人類に、そして創設者メルビン・ジョーンズの遺産に極めて大きく貢献しています。

メルビン・ジョーンズ・フェローシップ(MJF)について

MJF寄付は個人(ライオンズ以外も含めて)、クラブ、地区が行えます。支払いは、一括でも、分割払いでも可能です。メルビン・ジョーンズ・フェローには、特別なラペル・ピン、楯、そして貢献を称える手紙が送られます。

累進メルビン・ジョーンズ・フェローシップ

累進メルビン・ジョーンズ・フェローシップ(PMJF)・プログラムは、寄付者がLCIFへの貢献を高める一つの方法です。最初の1,000ドルのMJF寄付が行われて以降の寄付額を、54のレベルに分けて表彰し、レベルごとに異なったピンを贈ります。寄付額が10万ドルに達すると、人道支援パートナー として表彰されます。

LCIF沿革

1968年LCIF、財団として法人化。
1973年1,000ドルの寄付者を表彰する方法としてメルビン・ジョーンズ・フェローシップ・プログラムを開始。
1985年LCIF、初の大災害援助交付金としてメキシコの地震被害に5万ドルを提供。
1990年視力ファースト・プログラムが開始され、継続的な活動によって3,000万人を超える人々の失明を予防。
その後始まった視力ファースト・キャンペーンでは、視力ファースト事業のために1億4,500万ドル余りを獲得。
2004年ライオンズ、南アジアの津波被害の救援資金として1,500万ドル余りを調達。単独の災害復興事業としてはLCIF史上最大の規模。
2007年LCIF、フィナンシャル・タイムズの独自調査により、提携相手として世界ナンバーワンのNGOに。
2011年メルビン・ジョーンズ・フェローに認定されたライオンズは318,070人、累進メルビン・ジョーンズ・フェロー認定されたライオンズは58,126人に到達。
LCIF、日本における地震・津波被害の救援資金として2,100万ドル余りを調達。
LCIF、1万件目の交付金を承認し、交付総額は7億800万ドルに到達。
2017年1968年の創立以来のLCIF交付金、13,000件・総額10億ドルに到達。
LCIFの効果的な財務管理、説明責任の履行、透明性の確保が評価され、チャリティ・ナビゲーターから6年連続で四つ星の評価を獲得。
2018年キャンペーン委員長の山田實紘元国際会長、及び同副委員長のフランク・ムーア元国際会長は、第101回ライオンズクラブ国際大会で「キャンペーン100:奉仕に力を。」を高らかに宣言しました。
2019年ライオンズクラブ国際財団(LCIF)は、慈善団体を評価する組織チャリティ・ナビゲーター(Charity Navigator)から8年連続で四つ星の評価を受けました。
これでLCIFは評価対象の全非営利組織のうち、上位4%に含まれることとなりました。
LCIFの説明責任の履行、責務の履行、透明性の確保が評価された結果です。
2020年LCIFの最も名高いプログラムの一つである視力ファーストが30周年を迎えました。
その始まり以来、予防および回復可能な失明の主原因と闘い、目の不自由な人々を支援する取り組みに資金を提供してきました。
視力ファーストのすべての人に視力をもたらすための取り組みについて詳細をご覧ください。

LCIF/MJF協力企業・個人寄付

企業寄付(順不同)
2020年7月
日本共済株式会社
エスフォーイー株式会社
アイ・ティーネット事業協同組合
トータルビジネス協同組合
ビジネスネット協同組合
協同組合エヌ・ティー・アイ
協同組合エフ・ケイビジネス
協同組合アイ・ネットワークサービス
株式会社glow grow
日新産業株式会社
株式会社ハーモニックリレーション
有限会社メインラック
クリセン有限会社
有限会社プリマックス
有限会社ホワイトアルファリンクス
王 暁梅
株式会社シーシーディ
株式会社エリカプランニング
協同組合ケイ・ケイネットワーク
ティー・アイグループ事業協同組合
ヒューマンライフ少額短期保険株式会社
内記淳子(企業寄付)
株式会社プレジール
フェニーチェ株式会社
有限会社クリスタル アイビー
有限会社クオリティー
株式会社見昭
株式会社坂上住設
合同会社オフィスOFA
株式会社オフィスサプライズ
株式会社アルファ
株式会社内山測量設計
株式会社建設コンサルタント大誠
株式会社きたむら不動産
2020年8月
合同会社GMT
篠崎恵美
㈱太閤通商
関西情報サービス
㈱萬利産業
㈱クリエイト
㈱花丸
㈱花丸学院
個人寄付(順不同)
2020年7月
髙井昭典(姫路LC)
橋崎良治(姫路大手前LC)
福永征秀(姫路大手前LC)
髙井利夫(姫路大手前LC)
村上 修(姫路大手前LC)
西川雅敏(姫路大手前LC)
新井武彦(姫路大手前LC)
林 真司(姫路大手前LC)
松崎義信(姫路大手前LC)
木谷智広(姫路大手前LC)
川﨑博好(姫路大手前LC)
藤本真一郎(姫路大手前LC)
尾崎建次(姫路大手前LC)
松岡るり子(姫路さくらLC)
瀧北美智子(姫路さくらLC)
髙井ちづ(姫路さくらLC)
大川 淳(姫路中央LC)
寺西宏悦(姫路白鷺LC)
古川英正(姫路グリーンLC)
永井大介(姫路グリーンLC)
濱本嘉代子(福崎サルビアLC)
湯之原六男(姫路白鳥LC)
増本盛美(高砂LC)
西村俊亮(高砂LC)
野村 學(加古川東LC)
北野砂恵子(加古川東LC)
小池山子(加古川東LC)
松田智雄(加古川東LC)
北谷裕之(加古川東LC)
山下智子(加古川東LC)
平松邦夫(加古川東LC)
河野好美(加古川東LC)
大辻利弘(加古川中央LC)
太田久之(加古川中央LC)
上田豊之(加古川中央LC)
長尾浩二(加古川中央LC)
北角誠一(加古川中央LC)
大西 要(加古川中央LC)
池本哲雄(加古川中央LC)
長谷川裕城(加古川中央LC)
松本喜至(加古川中央LC)
志水裕喜(加古川中央LC)
大西 光(加古川中央LC)
澤本武司(加古川中央LC)
村上 博(加古川中央LC)
元田裕一(加古川中央LC)
明石隆宏(加古川中央LC)
小山 仁(加古川中央LC)
前田勝義(加古川中央LC)
藤原永充(加古川中央LC)
小山利明(加古川中央LC)
松井精史(小野LC)
伊藤樹利(小野LC)
市田博宣(小野LC)
橘田旺龍(三木LC)
楠田英伸(加西北条LC)
三木弘義(龍野LC)
小林義孝(龍野LC)
2020年8月
小林 寛(姫路中央LC)
古谷直也(姫路中央LC)
東郷 進(姫路中央Lc)
本庄正人(姫路中央LC)
西川義規(姫路白鷺LC)
永井大介(姫路グリーンLC)
増本盛美(高砂LC)
松井精史(小野LC)
多鹿京子(小野ひまわりLC)
井上悦子(たつの赤とんぼLC)
岩本あきこ(たつの赤とんぼLC)
太田京子(たつの赤とんぼLC)
坂谷裕美(たつの赤とんぼLC)
武内美佳(たつの赤とんぼLC)
橋本恭子(たつの赤とんぼLC)
三浦淳子(たつの赤とんぼLC)
湯浅真理子(たつの赤とんぼLC)
肥塚康子(たつの赤とんぼLC)
和田美奈(たつの赤とんぼLC)
八幡直子(たつの赤とんぼLC)
福井幸子(たつの赤とんぼLC)
塚本陽子(たつの赤とんぼLC)
坂田純子(たつの赤とんぼLC)
伊佐見昌子(たつの赤とんぼLC)
棟安美樹子(たつの赤とんぼLC)
斎藤真奈美(たつの赤とんぼLC)
北川真由美(たつの赤とんぼLC)
横山明美(たつの赤とんぼLC)
藤田しのぶ(たつの赤とんぼLC)
内海敦子(たつの赤とんぼLC)
森川京子(たつの赤とんぼLC)
藤尾知恵(たつの赤とんぼLC)
峯澤志保(たつの赤とんぼLC)

月例報告

eMMR ServannA
登録
地区マンスリー(ServannA)提出期限は当月15日~翌月5日迄
MyLCI
登録
「ライオンズクラブ百周年記念奉仕チャレンジ」をMyLCIで
ライオンズクラブ国際協会
ライオンズクラブ(ロゴとアートのダウンロード)
335複合地区
330-337複合地区 ガバナー協議会議長連絡会議
ライオンズクラブ国際財団(LCIF)
LionNet(ライオンズクラブ国際協会のインターネット・サービスのボランティアが運営するネットワーク)
ライオン誌ウェブマガジン
(財)兵庫アイバンク