ご挨拶

ライオンズクラブ国際協会 335-D地区 松井 精史

地区ガバナー 松井 精史 より皆さまへ
今年は新型コロナウイルスの影響で政治、経済、私たちの暮らしは未曾有の大打撃を受けました。早く収束してほしいものです。世界も大きく変わって来ます。今までこうで有ったという前例を踏襲する事なかれ、こうあらねばならないという固定観念からの脱却。0ベースから創造し、チャレンジして行きたいと思います。 失敗を恐れる事なかれ、全ての責任は自らに有り。 会員増強は永遠のテーマです。コロナの影響で減少すると予想はしますが、魂と情熱があれば成果を上げる事が出来ます。情熱さえ有れば素人は玄人に優る。 皆様方のご協力をよろしくお願いします。

2020~2021年度 地区運営方針

    1. 充実した奉仕活動を推進し、各クラブが地域社会に合った地域のニーズを的確にとらまえ、タイムリーに発信し、行動する。
    2. 会員増強についてはGМT・FWT・GLTが一体となり増強を推し進めていき、若いメンバーにはライオンズの原点を学んで頂き、会員増強を図ります。
    3. 女性メンバーがもっとリーダーシップを発揮できる環境作りを支援します。
    4. 2019年1月より変更になったIT関係について今年中にメンバーに浸透するようにします。
    5. 奉仕活動の重点課題としては、切迫した世界的課題でもあります糖尿病予防の啓発運動と、1925年にヘレンケラーがライオンズに支援を求めて以来、今日まで活動してきました視力保護(アイバンク)についての活動を視聴覚委員会と共に取り組みます。献血事業にも力を注いで行きたいと考えます。
    6. 国際財団の支援としましてLCIFキャンペーン100は3年目を迎えることになります。一人でも多くのメンバーに協力を求めます。

地区ガバナーテーマ

「知・覚・動・考(ち・かく・どう・こう)」

地区アクティビティスローガン

「一人はみんなのためにウィ・サーブ」

月例報告

eMMR ServannA
登録
地区マンスリー(ServannA)提出期限は当月15日~翌月5日迄
MyLCI
登録
「ライオンズクラブ百周年記念奉仕チャレンジ」をMyLCIで
ライオンズクラブ国際協会
ライオンズクラブ(ロゴとアートのダウンロード)
335複合地区
330-337複合地区 ガバナー協議会議長連絡会議
ライオンズクラブ国際財団(LCIF)
LionNet(ライオンズクラブ国際協会のインターネット・サービスのボランティアが運営するネットワーク)
ライオン誌ウェブマガジン
(財)兵庫アイバンク